ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

赤ちゃん連れで映画館、しかも最新作 ブラジルで大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブラジルでも「主婦の知恵」は強い。
そして、至極「まっとうな発想」から良いサービスがうまれる事が多い気がする。

この赤ちゃん連れでも観に行ける映画館というのも、とても素敵な取り組みですね。
これがまた、日系人の女性のアイデアだというから、なおいいねーと思えてくる。

でもこのサービス、日本でも広まりそう。
具体的には、首都圏よりも地方の大型SCに併設してる映画館とか、いかがでしょうかね?マイカルさんあたりとか・・・

———————————————————

南米ブラジルで、乳児を連れた母親たちが、他の人たちに気兼ねなく映画館で最新作を見られるようにする運動が注目を浴びている。日系ブラジル人の女性が自分の体験から「出産後のうつや育児に悩む女性を救いたい」と、友人たちと始めた。動きはブラジル全国に広がり、隣国アルゼンチンにも及びそうだ。
NGO「シネマテルナ(ママたちの映画館)」の中心人物が、サンパウロに住み、日本国籍も持つ長島千咲イレーネさん(39)だ。
イレーネさんは、週3回は映画館に通う映画フリークだった。だが、2007年9月、長男を出産した後は、乳児を抱えて映画館に行くのをためらい、いら立ちが募っていた。翌年、ネットでその思いを書き込んだところ、同じような境遇の女性たちと意気投合した。みんなでそんな状況を変えようと動き出した。
赤ちゃん連れの母親が映画を見やすい環境を作るよう、映画館に掛け合った。乳児をびっくりさせないよう、映画の音響は通常の上映時より小さくし、冷房も控えめ。館内の一部に、はいはい出来る特別のカーペットを敷き、床にはオモチャが散らばる。映画を見ながらおむつを取り換えられるように台も置き、明かりの一部はつけたままだ。
これが受けた。出産後、家に閉じこもりがちだった母親たちが訪れるようになった。
大手化粧品会社の援助も受けて、今では契約を結んだ四つの映画館グループがシネマテルナの枠を設けている。サンパウロでは週に4回、市内五つの映画館で交互に実施。全国では11都市の17の映画館が対象だ。入場料は通常料金と同じ。子連れ観客が利用できる時間はネットや映画館の入り口で知らされ、一般客もそのことを了解済みなら入場できる。
上映プログラムは、約1万5千人の会員からアンケートで希望を募る。ラブストーリーやヒューマンストーリーが人気だという。
毎回の上映後、近くの喫茶店でコーヒーを飲みながら、育児の悩みなどを打ち明ける場も設けた。「夜泣きをする赤ちゃんを窓から投げ出したくなることがある」「休職していて、復帰出来るかどうか心配」「夫と育児以外に話すことがない」などと深刻に話す人に、他の人が「私もそうだった。自然な感情よ」「よくあるわ」などと応じる。
ベビー用品を作ってネットで販売したり、お菓子作りをして売り出したりと、話の合った母親同士でビジネスを始める人も出てきた。
自宅でDVDを見るのではなく、映画館で新作を見て、同じ境遇の他の女性と話すことが大切だとイレーネさんは話す。「出産すると、周りの人は赤ちゃんのことばかり心配して母親のことは気にかけない。私たちは落ち込みがちな母親を救いたかった」(サンパウロ=平山亜理)
———————————————————