ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの日系人団体が日航路線存続へ署名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




日系人で9千人、日本国内で3千人、計1万2千人の署名とのこと。
僕も直行便があるからJALを使っていた人なので、その気持ちは分かりますが、でも、ANA×TAMの便が出来るとの話でもあったので、個人的にはそこまでの打撃はないかなーと思ってました。

詳細を僕も把握しきれていないものの、署名を集めるくらいの影響があるのでしょうか。
ANA×TAMよりJALにこだわる理由が、あるのでしょうか。
高くなってしまう、時間がかかってしまう、便数が減る、サービスが落ちる・・・

ま、もちろん、存続させられるなら存続させてもらうのが一番ですけどね。
まっとうな市場原理が働くことを願います。

————————————————
■ブラジルの日系人団体が日航路線存続へ署名

会社更生手続き中の日航が9月末に廃止を予定している最長路線の成田-ブラジル・サンパウロ線の存続を求め、来日した日系ブラジル人の団体が13日、約1万2千人分の署名を国土交通省の三日月大造副大臣に手渡す。
来日したのはブラジル日本文化福祉協会の上原幸啓名誉会長。同協会とブラジル日本都道府県人会連合会が中心となり、ブラジルと隣国パラグアイの日系人を中心に約9千人分、日本国内で約3千人分の署名を集めた。
同協会などによると、日航のサンパウロ線は1978年に就航。日本とブラジルを結ぶ唯一の直行便で、署名に添えた書類では「(路線)廃止は両国の生命線を断ち切られるほどの危機感を抱いている」としている。日航の撤退に日系人社会の失望感は強いという。

————————————————
よろしければ1クリックお願いします!