ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

アマゾン川を初の「踏破」 英国人男性、2年4カ月かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




アツイ人がいるものですね。
2年4ヶ月間かけて、5万回も蚊に刺されながら、アマゾン川を踏破とは…

でも、総費用860万円で出来るのならば、
老後の余暇の過ごし方としては面白いのでは・・・?

—————————————————-

【リオデジャネイロ共同】南米アマゾン川(全長6516キロ)の水源のペルー奥地から河口のブラジル大西洋まで、川に沿って全行程を歩く初の「踏破」に英国人男性(34)が挑み、9日午前、約2年4カ月をかけてブラジル・パラ州の海岸に到達した。
 
AP通信などによると、この男性は元英軍人のエド・スタフォードさんで、2008年4月に友人とともにペルー南部を出発した。友人は3カ月後に脱落したが、途中で出会ったペルー人の森林作業員が最後まで同行した。「踏破」は859日に及んだ。
 
川で釣ったピラニアや、コメ、豆などを食べ、時には川の水につかりながら歩き、ワニや大蛇にも遭遇した。「5万回も蚊に刺された」といい、熱帯性の病気にかかったこともあった。
スタフォードさんは軍退役後、株の仲買人などを経て今回の「踏破」を計画。総費用は10万ドル(約860万円)で、スポンサーの支援を仰いだ。衛星電話を携行し、旅先からブログで旅行記を報告、APに「私の行動がアマゾン熱帯雨林の破壊への世論喚起になれば」と話した。
—————————————————-