ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

野球道具をブラジルへ 豊田の2野球連盟、653点寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




日本のサンバチームの方が、ブラジルの野球チームに贈り物をする、という話です。
素敵ですねー。こういう暖かい取り組みはぜひ応援したいですね^^

————————————————————
■野球道具をブラジルへ 豊田の2野球連盟、653点寄贈
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20101109-OYT8T01279.htm

ブラジル少年野球チームに中古の野球道具を贈る活動をしている豊橋市サンバチームホザ・デ・ボヘミアン」(森島由起代表)は9日、豊田市の体育施設「スカイホール豊田」で、同市の軟式野球連盟(愛知喬会長)と少年硬式野球連盟(世古政弘会長)から道具653点を寄贈された。

豊田市保見ヶ丘在住の森島さんは2005年にブラジルでカーニバルを見学して感激。翌年からサンパウロのチームに在籍し、毎年、祭りに参加している。このため、何かお礼をと考えていたところ、豊田市の日系ブラジル人女性(62)と知り合い、ブラジルにいる長男(45)が少年野球チームで野球を教えていることを知り、現地で不足している野球道具を贈ることを思い立った。

体育協会に相談すると、同協会は軟式野球連盟と少年硬式野球連盟に協力を要請。両連盟が10月から、中古道具の寄付を呼びかけてくれて、ヘルメット23個、グラブ75個、スパイク22足、バット78本、ボール262個などが集まった。

愛知会長は「道具には選手たちの努力の汗がしみついている。その気持ちをブラジルの子どもたちが受け継いでくれるとうれしい」と話し、森島さんは「こんなに集まるとは思っていなかった」と喜んだ。

道具は船便で送り、森島さんが来年2月にブラジルへ行き、現地の野球クラブの会長に手渡すという。
————————————————————
よろしければ1クリックお願い致しますm(__)m
(ブログランキング参加中!!)
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ