ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

金属労連はサラリー調整10%を要求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おー、10%の賃金引き上げとは、これは雇用者側からしたらたまらないですね。。。
GDP伸び率は3.5~4.0%予想の中で、倍以上の伸び率…
おそろしや。。。

———————————————————–
■金属労連はサラリー調整10%を要求

 サンパウロ市並びにモジ・ダス・クルーゼス市の金属労連は企業側が提示した7.5%から8.5%のサラリー調整を拒否して、10%の調整を要求、企業側が11月4日までに組合側が要求しているサラリー調整に相当する賃金引き上げを行わない場合には、7日から無期限ストに突入する。

 組合側ではサラリー10%の引上げ並びに1週間の労働時間を40時間に短縮、全ての従業員に対する従業員利益分配金(PLR)並びに180日の産休を要求している。

 サンパウロ市並びにモジ・ダス・クルーゼス市の金属労連傘下には27万人が加盟、サンパウロ州金属労連やフォルサ・シンジカルなど53組合が支持している。

 組合側では今年の国内総生産(GDP)伸び率が3.5%から4.0%と予想されているために、企業側は実質賃金5.0%の引上げは充分可能と見込んでいるために、10%のサラリー調整を企業側に要求している。

 しかし企業側では9月の自動車生産は前月比19.7%と大幅に下落、10月初めにはワーゲン社、フィアット並びにGM社では生産調整のために、集団休暇を採用して在庫調整を行っており、組合側とのサラリー調整が難航している。(2011年10月31日付けエスタード紙)

http://jp.camaradojapao.org.br/news/noticias/noticias-alimenticio/?materia=9302

———————————————————–

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ