ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルのツイッター利用者数が日本抜き2位に、新興国に普及余地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




twitterの利用者、ブラジルが日本を抜いて世界第2位になったとのことです。ユーザー数は3330万人。
とはいえ、肌感覚ではtwitter→facebookへと乗り換えが進んでいるような印象も受けますが…

——————————————————————————————————–
■ブラジルのツイッター利用者数が日本抜き2位に、新興国に普及余地

簡易投稿サイト「ツイッター」のブラジルにおける利用者数が日本を抜いて世界第2位に浮上したことが明らかになった。フランスの調査会社セミオキャストが11年末時点で3億8300万のツイッターアカウントを分析した結果、ブラジルのアカウント数は3330万で2位となり、3位の日本(2990万)を上回った。米国が1億770万で1位をキープし、2位のブラジルに大差をつけた。4位は英国(2380万)、5位はインドネシア(1950万)となっている。

フィナンシャル・タイムズ紙の新興国サイト「ビヨンドブリックス」は2日付の記事で、セミオキャストの調査結果と各国の人口を比較。米国ではすでに人口の30%超がツイッターを利用しているのに対し、ブラジルは20%にも達しておらず、インドネシアに至っては10%未満となっており、新興国ではツイッターが普及する余地が大きいと分析している。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0203%2Fstockname_0203_023%2F0%2F1/