ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

マツダがブラジル参入を延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




やはり、そうなりますよね…大幅見直し。
とはいえ、遅らせれば何とかなる話なんですかね。
15年3月を待つような雰囲気ですが、それが延びないなんていう確証はどこにもないわけですし…

—————————————————————————————————
■マツダがブラジル参入を延期

 マツダがブラジル市場への参入時期を2012年秋から13年へ遅らせることが29日、分かった。日本からの輸出を始める計画だったが、輸入車への大幅増税により方針を変更した。ブラジル政府は別に、メキシコからの自動車輸入の規制も決定。メキシコに新工場を建設中のマツダは、中南米戦略の見直しを迫られている。

 マツダは今年からブラジルに販売網を築き販売を始める計画だった。しかし、主に輸入車を対象にした工業製品税が昨年12月に30%引き上げられた。今年末までの増税期間中は採算が合わないとして輸出を先延ばしし、販売店の展開も13年からにする。

 サンパウロ市内には昨年12月に販売会社を設立しており、当面は市場調査などをする。

 ブラジル政府は今月、メキシコから入る無関税輸入車の総額に15年3月まで上限を設けた。マツダは13年度にメキシコの新工場を稼働させ、年14万台の過半をブラジルに輸出する計画。新工場で生産する車の出荷先の見直しが必要になる。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201203300028.html