ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル・ベロモンテ水力発電ダムの労働者、無期限ストに突入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ダム建設、今年2度目のストだそうです。しかし要求内容を見ると、結構な額相当を望んでいるようですね。果たしてどうなることやら。。。

—————————————————————————————————
■ブラジル・ベロモンテ水力発電ダムの労働者、無期限ストに突入

 世界3位の水力発電所ダムとなるブラジルのベロモンテダムの建設を請け負うベロモンテ建設連合(CCBM)の労働者約7000人が23日から労働条件の改善を求めて、無期限ストに入った。ストはまず今年に入ってから3月末から4月初めまでに起きており、今回は2回目となる。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)などが伝えた。

 同ダムは国内の電力需要の急増に対応するため、アマゾン川支流のシング川に110億ドル(約8900億円)を投じて建設されるもので、ダムが完成すれば1120万キロワットの発電能力を持つことになるが、河川流域の約500平方キロの土地が水没するため、政府発表で原住民ら1万6000人が立ち退きを余儀なくされている。

 労働者側は、現在は半年ごとに1回の家族との再会のための帰省休暇の頻度を3カ月ごとに1回(9日間の休暇)と航空運賃の無料化、また、食費補助費を現在の95レアル(約4100円)から300レアル(約1万3000円)に引き上げるよう要求している。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0424%2Fstockname_0424_010%2F0%2F1/