ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

国産スマートフォン優遇措置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ついに来ましたね、スマホへの税制優遇。9.25%の税金が免除になり、販売価格はR$900(≒4.5万円)以下に。これでますますスマホユーザーが増えるような気がします。良いことですね^^

—————————————————————————————————
■国産スマートフォン優遇措置

 ブラジル政府は、インターネットの高速接続、いわゆるブロードバンドの普及を促す目的で、国産スマートフォン(多機能携帯電話機)に対する税制上の優遇措置を講じることを決めた。20日付伯メディアによると、この案では、伯国内で生産されるスマートフォンは、現在9.25%が課せられている社会統合基金・社会保険融資納付金(PIS/COFINS)が免除されることになり、この措置を受ける生産者は、必要最低限の機能(通話、ブロードバンド通信)を持つスマートフォンを生産し、最終消費者への販売価格は900レアル以下に抑えなければならないとしている。

同案は今後、財務省の承認を受けて発効することになる。この優遇措置が実施された場合の減税額は2015年までに合計19億レアルに上るとみられているが、パウロ・ベルナルド通信相は、ブラジルにおける携帯電話機の生産量は少なく、スマートフォンの場合は大規模な生産者が存在しないため、税収面での影響はほとんどないだろうとの考えを示している。

また通信省は、スマートフォンの国内生産は当地産業の発展を促進して外国への依存度を低下させ、貿易収支に与えるプラスの影響は今年だけで2億1100万ドルに上るとみており、「競争力のある価格で出荷することでスマートフォンの輸出が増加することを考えると、この数字はさらに大きくなる」としている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/8692/menu/10/cat/95