ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルのゴル航空CEO、米デルタ航空による出資比率引き上げを否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日の報道は「憶測」だったようです。まだそこまで危機的な状態には陥っていない、という解釈でいいんですかね?

—————————————————————————————————
■ブラジルのゴル航空CEO、米デルタ航空による出資比率引き上げを否定

 ブラジル航空2位のゴル航空のコンスタンティーノ・オリベイラ・ジュニアCEO(最高経営責任者)は前週末、今年第1四半期(1-3月)の業績を発表した際、米航空大手デルタ航空によるゴル航空への出資比率の引き上げについて協議中との一部報道を「憶測だ」としたうえで、協議を行っていないことを明らかにした。ブラジル経済紙バロール・エコノミコ(電子版)が伝えた。

 この報道は、地元紙フォリャ・ジ・サンパウロが4月24日付で、デルタ航空がゴル航空への出資比率を現在の2.9%から法律限度いっぱいの20%まで引き上げる方向で両社が協議を行っていると伝えていたもの。

 デルタ航空は昨年初めに、ゴル航空の株式2.9%を1億ドル(約80億円)で取得し、役員1人を出向させているが、当時の契約書にも将来、デルタ航空がゴル航空への出資比率を引き上げることを認めるような規定は盛り込まれていなかったという。

 ゴル航空の第1四半期連結決算は燃料費の高騰が響いて、前年同期の6940万レアル(約29億円)の黒字から4140万レアル(約17億3000万円)の赤字に転落した。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0507%2Fstockname_0507_008%2F0%2F1/