ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

伊プラダ、今後3年で260店舗新設へ-新興国の需要好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




プラダにとってブラジルは「注目している大きな市場」だそうです。日本の金持ちよりもよほど金を持っているブラジルの富裕層の市場は、高級ブランドにとってやはり注目市場ですよね。

—————————————————————————————————
■伊プラダ、今後3年で260店舗新設へ-新興国の需要好調

 5月24日(ブルームバーグ):イタリアの高級ファッションブランド、プラダは今後3年で260店舗を新設する計画だ。ブラジルや中国、ペルシャ湾岸諸国など新興市場での需要を取り込む狙いがある。

パトリッツィオ・ベルテッリ最高経営責任者(CEO)はイタリアで行われたブルームバーグテレビジョンとのインタビューで通訳を介し、「モロッコやイスタンブール、ベイルート、ドバイ、カタールに進出を拡大している」と述べ、「ブラジルもわれわれが注目している大きな市場だ」と語った。

同CEOは中国の経済成長鈍化や欧州債務危機が個人消費に重しとなっているものの、プラダの革製品などの需要は増加していると説明した。

プラダはアジア太平洋地域の売上高への貢献度が昨年の35%から2012-13年には40%に上昇すると見込んでいる。同社は今年、中国で12-15店舗を新設する計画。同CEOは「現時点ではインドに出店していないが、ムンバイもしくはニューデリーの高級ホテルに1号店を早期にオープンさせたい」と語った。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M4I3E96K50YL01.html