ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

JTB、12年はグローバル展開やウェブ販売強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




JTBがブラジルに拠点を構える模様ですね。個人的にはやや今さら感もなくもないですが、とはいえ、ないよりはあった方がいいでしょうし、早く出来るといいですね。しかし日系旅行代理店も取り合いが厳しくなりそうですね。

—————————————————————————————————
■JTB、12年はグローバル展開やウェブ販売強化へ

今期業績予想は増収減益-構造改革重視、積極投資で

 ジェイティービー(JTB)は2012年度、グローバル戦略、ウェブ販売、地域交流ビジネスの強化に重点的に取り組む。5月25日の会見で、JTB代表取締役社長の田川博己氏は「今年は(100周年の)節目の年。そういう年にしっかりと飛躍ができるか」が重要とし、歴史を振り返りながら未来に向けて新しいものを作り出す「温故創新」をキーワードに、「仕掛けをしっかりして、前向きにそうした流れを作っていきたい」と意欲を示した。

 グローバル戦略では、JTBのノウハウや機能を世界で活用し、「世界発世界着」の需要の取り込みをはかる。田川氏は、アジア中心の展開になるとは思うとしながらも「ヨーロッパ、アメリカにも大きな拠点がある。アジアからでなく世界から考えていきたい」と語る。また、日本企業の海外進出が進むなか、企業に対し海外と日本国内で一体的にセールスを展開していく考え。インドやブラジルなど、日本企業の進出先として注目が高い地域に拠点をつくりたいとした。

 ウェブ販売では、ソーシャルネットワークの普及で消費者のニーズが多様化するなか、ウェブサイトを刷新し「単なる予約サイトではなくJTBのもつ質も普及できる」新しいチャネルとして提供していく。また、店頭販売とのクロスチャネル化も推し進めていく。さらに、スマートフォンやタブレット利用者に対するサービス体制を今年1年で確立していく考えだ。

 地域交流ビジネスでは、訪日需要拡大に向け、着地型ビジネスの開発にさらに注力していく。田川氏は「地域の観光素材を開発し、磨き、促進して世界に発信する。そこまで一気通貫でやっていきたい」と意欲を示した。

 また、田川氏は「着地型と商品開発をセットでやり、競争力のある商品をお客様に提供していきたい」と、国内商品の改革を実施する考えを示した。エースJTBで仕入れ造成からマーチャンダイズに至るまで改革を実施中で、下期から積極的に商品を展開していくという。

▽今期業績予想は増収減益-構造改革重視、店頭やウェブ事業などへ投資

 ジェイティービー(JTB)の2012年3月期の連結予想は、売上高が前年比3.5%増の1兆1765億円、営業利益は49.8%減の57億円、経常利益は44.9%減の70億円、当期純利益は40.2%減の20億円増収減益を見込む。2012年度はロンドンオリンピックや日中国交正常化40周年、スカイツリー開業などが増収につながるとの予想だ。一方、東日本大震災の影響で進行が遅れている中期経営計画について、最終年度の今年は完遂に向け予算を傾注し積極的に取り組んでいくため、減益となる見込みだ。

 JTB取締役経営企画部長の光山清秀氏によると、中期経営計画では、店頭のビジネスモデルの抜本的な改革を実施。店舗への電話を熊本のコールセンターに、経理業務などを札幌のビジネスセンターに集約する方針で、全社で進めている。さらに、社員教育を強化し店舗全体の質の向上もはかる。

 また、ウェブ販売について「まだマーケットについて十分なシェアを占めていない」と考えで、予算を投じて販売促進を実施していく。リスティング広告などを活用して宣伝活動に注力していくほか、ウェブサイトの刷新によりユーザビリティの向上もはかる。2012年度は売上高で前年比20%以上をめざす考えだ。

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=53517