ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

最も魅力的な投資先 2012年はサンパウロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




サンパウロがラテンアメリカで最も魅力的な投資先だそうです!ま、ラテンアメリカでなら当然かとも思いつつ、とはいえ、メキシコシティにまだ抜かれてなくて良かったなとも思ったり…^^;

—————————————————————————————————
■最も魅力的な投資先 2012年はサンパウロ

ロサリオ大学(コロンビア)の競争戦略考察センター(Cepet)とチリのコンサルタント企業インテリジェンシア・デ・ネゴシオス(IdN)が実施した調査「2012年ラテンアメリカで最も魅力的な投資先(Inai)」に基づくランキングで、サンパウロが1位となった。

2位以下にはサンチアゴ(チリ)、メキシコシティー(メキシコ)、リマ(ペルー)、ボゴタ(コロンビア)が名を連ねた。11年の同調査でサンチアゴに続く2位だったサンパウロは、地域経済の規模や高等教育の進歩、証券取引所の大きさ、大規模な多国籍企業の存在などが要因となって順位を上げた。

サッカーW杯や五輪の開催で注目を集めているリオは昨年の4位から順位を落とし、ポルト・アレグレに次ぐ7位にとどまった。

ポルト・アレグレは逆に、昨年の18位から6位に順位を上げた。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9049/menu/10/cat/95