ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

急成長のブラジル航空市場に注目、OAG最新航空市場リポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




航空市場のレポート(英語版)だそうです。所得上昇に伴って、航空市場も伸びているようですからね。旅行関係の事業をされている方には貴重な数値も含まれているかも、ですね。

—————————————————————————————————
■急成長のブラジル航空市場に注目、OAG最新航空市場リポート

 【シカゴ2012年5月30日PRN=共同JBN】航空情報の世界リーダーでUBMエイビエーションのブランドの一つであるOAG(http://www.oag.com)は30日、航空市場リポートの最新版を発表した。OAGはことし初めに「米国航空会社は成長のため南米に注目すべきである」(http://www.oagaviation.com/americas-analysis)と提案しており、今回はブラジルの航空市場が提供している機会について詳細に点検している。この最新リポート(http://www.oagaviation.com/Solutions/Reports-Guides/brazil/brazil)は、どのようにしてブラジルでの新しい石油・ガス資源開発が南米最大の市場であるブラジルの航空業界とGDPを押し上げる理由を探求している。
 大規模な石油・ガス埋蔵量の発見と石油価格の高騰は、ブラジル経済とGDP成長を促進している。この成長は、生活の向上を期待し、空の旅を強く求める豊かな中間層が台頭していることで明らかである。この結果、ブラジルの航空機による旅行は今後10年で倍増するとみられ、外国航空会社や投資家に魅力的な市場となる。

 ブラジルにおける航空市場(http://www.oagaviation.com/Solutions/Reports-Guides/brazil/brazil)は既に、過去5年間で搭乗者数が39%増加している。その大半は、拡大した低料金航空会社が運搬した。現在商業航空市場のスプリット(外国路線と国内路線)は、国内路線がほぼ89%を占めて大きく偏っているが、これは世界第5位の大国で米国よりわずかに小さいブラジルが南米大陸のほぼ半分を占めているという状況を考慮すれば、当然のことである。ブラジルでは2014年にサッカーのワールドカップ、2016年に五輪大会の開催が確定しており、ブラジルの国内・海外サービスが引き続き成長するとの楽観的な見通しには十分な根拠がある。

 OAGアメリカスのロン・ウェイランド副社長は「誰もが中南米・カリブ海諸国の低料金航空会社の突出した成長に引き続き注目している。初期の米国市場で見られたように、中間層が豊かになるにつれ、航空機による旅行への需要が大きく膨れ上がる。ブラジルの航空市場は、南米に進出する意欲のある人にとって長期的に有望で持続可能な投資機会を提供している」と語った。

 ブラジルの急成長する航空市場における将来のアライアンスと成長の継続的機会に関するリポートは現在以下からダウンロード可能。http://www.oagaviation.com/brazil.

http://www.nejinews.co.jp/news/business/archive/eid4497.html