ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

印タタ傘下の英ジャガー・ランドローバー、ブラジル工場建設を一時凍結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あらま、タタモーターズ、ブラジル見合わせですか。理由は「税制改正と国内景気の後退」とのことですが、前者は工場を作って国産化比率が高まれば問題ないのでは?という気もしますが…
っていうか、ジャガー・ランドローバーはタタ傘下だったんですね(今さらですが…笑)

—————————————————————————————————
■印タタ傘下の英ジャガー・ランドローバー、ブラジル工場建設を一時凍結

 インド自動車大手タタ・モーターズ<TTMT>傘下の英ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペスCEO(最高経営責任者)は前週末、ブラジル工場の建設計画を一時凍結する方針を明らかにした。中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)が1日に伝えた。これは独高級自動車大手BMW<BMW>が先月、ブラジル工場の建設中止の意向を明らかにしたのに続くもの。

 工場建設の凍結理由について、同CEOは、最近のブラジルの自動車に関する税制改正と国内景気の後退を挙げている。税制改正に関しては、通常の自動車輸入に対する35%の輸入税に加えて、ローカルコンテンツ(現地調達)比率が65%未満の場合、1月から工業製品に対する工業製品税(IPI)の税率が30%ポイント引き上げられた。これは国内生産を行っている自動車メーカーを保護するのを目的として導入されたものだ。

 これより先、BMWは4月下旬に、ブラジルでの同社の第1四半期(1-3月)の販売台数が前年同期比30%減の1888台に急減し、国内需要が低迷しているほか、IPI増税の影響を検討する必要があるとしてブラジル工場の建設計画を一時棚上げすると発表している。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0604%2Fstockname_0604_014%2F0%2F1/