ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

バイオ燃料先進国ブラジルも注目!  イタリアの最先端グリーンテクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




イタリアの新技術、なんだか素敵そうですね。ぜひブラジル企業もどんどんパクって欲しいですね。ブラジルはバイオエタノール先進国ですしね^^

—————————————————————————————————
■バイオ燃料先進国ブラジルも注目!  イタリアの最先端グリーンテクノロジー

ブラジルのバイオ燃料会社GraalBio Investimentosは、イタリアのMossi & Ghisolfiグループがもつバイオ燃料に関する特許を使用するためにすでに2,000万ユーロを支払った。目的は、バイオエタノールの生産を倍増させることである。

「便利で、エコ・サステナブルで、テクノロジーと製造のシステムはイタリア製」。これは第2世代のバイオエタノール、ダンチク(暖竹:イネ科の多年草)由来のグリーン燃料のことである。この作物は、ポー平原の耕作不適地に自生するだけでなく、単位面積あたりの生産性が非常に高く、最高レヴェルのCO2の吸収が保証されている。

エコ・サステナブル製品に関していえばイタリアで最も有力なビッグネームのひとつ、ピエモンテ州トルトーナのMossi & Ghisolfiグループに属するChemtexは、農業廃棄物由来のバイオ燃料やバイオ生産物について研究を2005年から行っており、200人のエンジニア、科学者、バイオ技術の専門家に職を与えてきた企業である。Chemitexは、特許の使用のために昨年10月に2,000万ユーロを支払ったブラジルのGraalBio Investimentosに、装置と技術を供給することになった。

ブラジルは現在でもバイオエタノールの製造で世界有数の先進国であるが、処理にかかる負担の大きいゴミであるサトウキビの廃棄物を原料としたバイオエタノールの生産を倍増させることを選択したからだ。

しかし、イタリアでも自動車による二酸化炭素排出を減らす試みのなかで、バイオ燃料を(15%まで)ガソリンに混ぜて用いる可能性が検討されている。これには著しい経済的利便性があり、サステナブルな交通という袋小路(いまはLPガスとメタンの使用が唯一の例外である)を乗り越えられる可能性をもっている(助成金のおかげでさらに有利である)。

この美しい国イタリアに耕作されずに残されている土地の量を考えると、さらに大きな利点がある。ダンチクを栽培して、土地の放棄に起因する、浸食と水理地質学的不均衡の進行を避けることで、この数字を見直すことが可能である。実際、ダンチクは、地中の塩分濃度と水の乏しさによってほとんどの植物の生存が困難な極限の環境でも生育に適している。

食品の容器のために使われる梱包用のPET樹脂で主導的地位にあるMossi & Ghisolfiは、1953年から存在するファミリー企業である。創業者のヴィットーリオ・ギゾルフィが社長で、息子のマルコがポリマー部門の代表取締役である。何年にもわたる研究開発への投資を経て、現在は、バイオエタノールの生産プラントのために1億5,000万ユーロを投資しようとしている。これはピエモンテ州ヴェルチェッリ県の、かつてTestkidのクレシェンティーノ工場だった場所で、2012年9月に稼働を始めるだろう。

しかしそれだけではない。プーリア州はすでに航空機のためのバイオ燃料や、リグノセルロース系バイオマスの残留物であるリグニン由来の芳香族化合物の生産のための第2の研究拠点のための協定にすでに署名した。次のプラントは、トウモロコシの廃棄物を受け取るための戦略的な場所となる、ヴェネト州マルゲーラになるかもしれない。

京都議定書では、イタリアにおいて15から20のバイオ燃料生産プラントを所有する可能性が想定されている。間違いなく、素晴らしい挑戦であり、同時に最高のチャンスである。

http://wired.jp/2012/06/05/green-technology/