ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

呉邦国全人代委員長、ブラジル下院議長と会談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




なんだか最近、中国とブラジルの繋がりが増してきているような印象があるのですが、そんなことないですかね?これ系の会談が、日本とのそれに比べると圧倒的に多いような印象が…

—————————————————————————————————
■呉邦国全人代委員長、ブラジル下院議長と会談

 中国全国人民代表大会常務委員会の呉邦国委員長は8日ブラジルのマルコ・マイア下院議長と会談しました。

 呉邦国委員長は「現在、国際情勢が複雑であり、絶えず変化しつつあっている。世界で重要な影響力を持つ国として、中国とブラジルはいっそう協力を強める必要がある。政治や議会、政党間の友好交流を推進し、政治面での信頼関係を強化すると共に、投資やインフラ整備、ハイテクなど各分野での実務的協力を促すよう期待している。人的交流を拡大し、国民の友情を増進すると同時に、国連やWTO、G20、ブリックスなど多国間枠組み内での協調を強め、発展途上国の利益を守り、両国の戦略的パートナーシップをいっそう促す必要がある」と述べました。

 これに対して、マイア議長は「ブラジルと中国が協力を強めることは、自国の発展に有利だけでなく、世界の平和と安定を促すことにも重要な影響力を持つ。ブラジル下院は中国全人代との交流と協力の強化を通じて、両国関係の更なる発展を推進することに寄与したい」と語りました。

http://japanese.cri.cn/881/2012/06/08/163s193949.htm