ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル運輸相、年内の入札実施困難 高速鉄道計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いやはや、これで何回目の延期になるんでしょうかね。年内かと思っていたのが、年内も難しい、と。そのうち「建設取りやめ」にまで至るんじゃないかとすら思ってしまいます・・・^^;

—————————————————————————————————
■ブラジル運輸相、年内の入札実施困難 高速鉄道計画

 【サンパウロ=宮本英威】ブラジルのパソス運輸相は8日、日本勢などが応札を検討する高速鉄道建設について、年内の入札実施は難しいとの見方を示した。政府案の取りまとめが遅れており、入札時期については「来年初の可能性が高い」と語った。

 首都ブラジリアで記者団の取材に応え、ブラジルの経済紙バロール・エコノミコ(電子版)が伝えた。

 ブラジル政府はリオデジャネイロ―サンパウロ近郊間に高速鉄道の建設を計画している。昨年7月に入札を実施したが、応札者はなく不調に終わった。今年秋をメドに入札を目指していたが、政府は事業案を詰めることができず、さらに遅れることになった。

 計画には三井物産や日立製作所を中心とする日本連合、韓国やフランスの企業グループが関心を示している。当初は2014年のサッカーワールドカップ(W杯)時の開業を目指していたが、現在は16年のリオデジャネイロ夏季五輪にも「間に合わない」(日本連合関係者)との見方が多い。

 4月にブラジルを訪問した古川元久経済財政・国家戦略相は、パトリオタ外相との会談で、入札企業のリスク軽減を要請。日本勢は工期の遅れで費用が増加する際に、事業者側の負担が増えることを懸念している。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0900I_Z00C12A6FF8000/