ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

グリーン経済、各国に隔たり=成果文書の交渉難航-20日からブラジルで国際会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いよいよあと10日となりましたね、リオ+20。色々と課題はあるようですが、でも、何か1つでも良い結果が出ると良いですね、楽しみです。

—————————————————————————————————
■グリーン経済、各国に隔たり=成果文書の交渉難航-20日からブラジルで国際会議

 世界各国の首脳らが集まり、今後10年間の環境問題を中心とした社会、経済の在り方を話し合う「国連持続可能な開発会議」(リオ+20)が20~22日の日程で、ブラジル・リオデジャネイロで開かれる。環境保護と経済成長を両立させる「グリーン経済」への移行が主要な論点に浮上しているが、先進国と新興・途上国の意見の隔たりは大きい。取りまとめを目指す成果文書でどこまで明確なメッセージを示せるのか、交渉は難航しそうだ。

 1992年に同じリオデジャネイロで開かれ、気候変動枠組み条約などを打ち出した地球サミットから20年。地球環境の悪化にはなお歯止めがかかっておらず、節目の会議となるリオ+20では国際社会の姿勢が改めて問われる。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012060900220