ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

2014年ブラジルW杯開催準備の支出が大幅に増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




遅れに加えて、予算も超過ですか…まぁそんなもんですよね。。。^^; とは笑っていられないですかね。約10%、1000億円単位の増のようです。。。いやはや・・・

—————————————————————————————————
■2014年ブラジルW杯開催準備の支出が大幅に増加

【サンパウロ 綾村悟】ブラジルの商業裁判所は、2014年にブラジルで開催が予定されているサッカーW杯関連の支出が、今年3月試算で示された250億レアル(約1兆円)から274億レアル(約1兆2千億円)に膨れあがるとの最新の試算を発表した。最新の試算は5月末のもので、国営ブラジル通信が9日付で報じた。
 ブラジルW杯の開催に関しては、スタジアムの建設に加えて、空港や道路、宿泊施設、コミュニケーション機能などのインフラ整備などが必要となるが、開催12都市の全てで、開催準備に向けた支出の大幅な増大が問題となっている。

 ブラジルW杯の開幕試合開催が予想されているサンパウロ市では、今年3月の試算では支出予定の試算が49億レアル(約1950億円)だったのが、今回の試算では62億レアル(約2450億円)に増加、同じく開催都市となっている北部のナタールや西部のクリチバでは、支出の試算が倍近くに膨れあがっている。

 特にサンパウロやリオデジャネイロなどの大都市では、近年の経済成長に伴う人の流れの増加に加えて、大都市への人口流入から地下鉄や空港など公共機関の整備が急がれている。ホテルなど宿泊施設の拡充も深刻な問題だ。

 また、ブラジルのスポーツ相は先月、W杯開催に向けた整備プロジェクトの内、インフラ整備を中心とする4割以上のプロジェクトが未だに着工すら行われていないと発表、整備の遅れが深刻な状況だと警告した。

 ただし、スポーツ相は、スタジアムの建設に関しては、首都ブラジリアを始めとして(スタジアム完工率62%)、開催12都市の多くの都市でスケジュールの遅れを取り戻していると主張している。

 ブラジルW杯の開催準備に関しては、プラッター会長を初めとする、国際サッカー連盟(FIFA)の関係者も、現地を視察する中で整備状況の遅れを憂慮する発言を繰り返しており、ブラジル政府とFIFAの間で、状況を打開するための会合が繰り返し開かれている。

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/120612-225007.html