ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル、10年間で穀物生産は21%増に拡大し農業大国に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、これから10年間で21%拡大ですか、農業アツいですねー。コーヒー、砂糖、トウモロコシ、大豆、牛肉、鶏肉あたりが世界的に見ても重要な位置付けになっているようです^^

—————————————————————————————————
■ブラジル、10年間で穀物生産は21%増に拡大し農業大国に

 ブラジル農務省は11日に発表した12-22年の10カ年穀物生産見通しで、大豆とトウモロコシ、小麦、コメ、その他豆類の主要5品目の10年後生産量が現在の1億5330万トンから21.1%増の1億8560万トンに拡大すると予想している。国営通信アジェンシア・ブラジル(電子版)が伝えた。

 これは農務省がブラジル農牧研究公社と共同で調査したもので、22年までに作付面積も全体で9%拡大し、ブラジルは世界屈指の農業生産性を誇る穀物生産国の1つに数えられるようになるとしている。

 また、同調査では10年後のブラジルは、これまで通りコーヒーと砂糖の輸出大国という姿は変わらず、世界の主要農産品目であるトウモロコシと大豆、牛肉、鶏肉の4品目の世界市場でのシェアが高まると結論付けた。米農務省(USDA)によると、ブラジルの世界市場シェアは、大豆は43.1%、鶏肉は43.5%、牛肉は23.2%、トウモロコシは10.4%になるとみられている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0613%2Fstockname_0613_017%2F0%2F1/