ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

市長に社会奉仕命令 市役所小切手の個人使用で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




これ、社会奉仕程度でいいんですかね…?とはいっても、今から10年以上も前の話のようで、う〜ん、なんだかなーという感じですが。。。

—————————————————————————————————
■市長に社会奉仕命令 市役所小切手の個人使用で

 アラゴアス州裁判所はジュンジアー市のベロアルド・ダ・シルバ市長(PDT)に対し、ボアッテ(ナイトクラブ)の支払いに同市役所の小切手を使用した容疑で3年3カ月の社会奉仕活動を行うよう命じた。13日付フォーリャ紙が報じた。

問題の支払いは、シルバ市長の任期中だった1998年10月に行われたもので、同市長は市役所の小切手を用いて1160レアル分を支払ったが不渡り小切手だったという。

さらに裁判所は、社会奉仕活動に加えてシルバ市長の任期満了直後から8年間の被選挙権の剥奪(はくだつ)も言い渡している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9267/cat/1