ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル都市相、道路・衛生関連投資で5800億円を追加支出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、インフラ関連に5800億円の投資、すごいですねー。これに加えて、W杯や五輪に向けた公共投資も加速して、なんだか公共投資ラッシュですね。確かにここまでくると景気もよくなりそうな気もする…

—————————————————————————————————
■ブラジル都市相、道路・衛生関連投資で5800億円を追加支出へ

 ブラジルのアギナルド・リベロ都市相は13日、追加景気対策の一環として、今後数週間以内に、都市衛生や道路整備に関し新たに150億レアル(約5800億円)の追加公共投資を行うことを発表する見通しを明らかにした。中南米専門の通信社メルコプレス(電子版)が14日に伝えた。

 一方、マンテガ財務相も13日の地元日刊紙オ・グロボとのインタビューで、政府が全国27州の地方政府に対し、ブラジル国立経済社会開発銀行(BNDES)を通じて、計100億レアル(約3800億円)の資金供給を行い、各州の公共投資プロジェクトを支援する方針を明らかにした。この結果、国と地方を合わせて250億レアル(約9600億円)の公共投資が追加実施されることになる。

 政府はこの250億レアルの追加公共投資とは別に、14年のFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップブラジル大会と16年のリオデジャネイロ夏季五輪の実施に向けて500億レアル(約1兆9200億円)のインフラ投資を計画している。ルセフ大統領が率いる現政権は10月に地方選挙を控えているだけに、景気回復を速めなければならないという政治的な配慮も背景にあるようだ。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0616%2Fstockname_0616_005%2F0%2F1/