ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

恐かった…国交省職員ら リオのスラムに迷い込む 警察が保護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




国交省の職員がファベーラ見学ですか。あ、見学ではなく、迷い込んじゃったんですねー笑 っていうか、迷い込む事なんてあるんですかね?見りゃわかりますよね。個人的には「行ってみよう」と言って入ったと思ってしまいますが。。。^^;

—————————————————————————————————
■恐かった…国交省職員ら リオのスラムに迷い込む 警察が保護

 ブラジル・リオデジャネイロで21日、日本の国土交通省職員らが乗った車がファベーラと呼ばれる治安の悪いスラム街に迷い込み、警察に保護されるトラブルがあった。在リオ日本総領事館などが明らかにした。

 国際協力機構(JICA)関係者によると、職員らは国連持続可能な開発会議(リオ+20)関連イベントのためリオを訪問中。JICAが建設協力した堤防の視察に向かう途中で迷い込んだ。車は地元運転手が運転していた。

 リオには大小約1000カ所のファベーラがあり、治安の悪さで有名。リオの警察当局者によると、職員らはファベーラ内で銃を持った2人組を見たという。職員らに被害はなかった。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/06/22/kiji/K20120622003519160.html