ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

「リオ+20」閉幕 成果文書に具体策は盛り込まれず批判の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




う〜ん、リオ+20。なんだかイマイチ冴えない結果に終わってしまったようですね。。。残念…原因は「日本やアメリカなど首脳の欠席が目立ち」あたりですかね?^^;

—————————————————————————————————
■「リオ+20」閉幕 成果文書に具体策は盛り込まれず批判の声

ブラジル・リオデジャネイロで開かれていた国連の環境会議「リオ+20」は22日、成果文書をまとめ、閉幕した。しかし、文書には具体策は盛り込まれず、参加国からも批判の声が上がった。

ブラジルのルセフ大統領は「(先進国と途上国)それぞれの考えを尊重し、何か始めなければ前進できない」と述べた。

地球サミットから20年という節目の年に開催された会議には、190カ国が参加した。

しかし、金融危機対策に追われるヨーロッパ各国をはじめ、日本やアメリカなど首脳の欠席が目立ち、先進国はリーダーシップを発揮することはできなかった。

また、議長国のブラジルが会議の始まる前に提示した成果文書案をそのまま採択し、結局、具体的な数値目標や期限は盛り込まれず、参加国からも「残念」との声が上がった。

採択された成果文書のタイトルは、「われわれが望む未来」。

しかし、その未来の形すら描けないまま、各国の首脳は演説合戦を繰り広げ、早々とリオを後にした。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226015.html