ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

リオ+20からワールドカップへ。ブラジルがエコのたすきをつなぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




環境テーマの概念は、リオ+20からW杯へと繋がってくるんですねー。これは知りませんでした。「市場最もエコロジーなW杯」だそうです。楽しみですね。

—————————————————————————————————
■リオ+20からワールドカップへ。ブラジルがエコのたすきをつなぐ

●リオ+20からワールドカップにつなげるおもい

国連持続可能な開発会議が23日に終了する。各国が地球の未来を考えた会議の中心となったブラジルは、その「おもい」を2014年のワールドカップにつなげた。

史上最もエコロジーなワールドカップへ向け、ブラジルが動き出す。Maxisciencesが報じた。

●グリーンをテーマに

2012年に持続可能な開発会議の受け入れ国となったブラジルは、2014年にはサッカーの世界選手権大会であるFIFAワールドカップの開催国に決定している。

エコ・サミット期間中、ワールドカップの地元組織委員会が、2年後にせまる大会の進むべき道を指し示した。

現在、経済、社会発展、そして環境保護を軸に大会の準備が進められており、新しく建設されるサッカースタジアムの基礎工事にはリサイクル資材が使用される。

またグランドの芝にまかれる水には雨水が再利用され、太陽光発電や他の再生可能エネルギーにより大会に必要な電力が供給される。

FIFAは、ブラジルの次に開催国となるロシア(2018年)とカタール(2022年)に、環境に配慮した施設を作るよう要請しており、リオ+20からワールドカップへ、みどりのたすきがつながれる。

▼外部リンク

FIFA ホームページ
http://www.fifa.com/

国連持続可能な開発会議
http://www.fifa.com/

ブラジル、ワールドカップにエコスタジアム Maxisciences
http://www.maxisciences.com/football/

http://news.toremaga.com/nation/eco/413394.html