ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ペルーの観光都市クスコ、欧州からの観光客減見越しブラジルに照準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ペルーの観光客誘致のターゲットがブラジルに向いたようです。ヨーロッパがダメならブラジルへ。妥当な流れかなとは思います。日本もブラジル人の観光客誘致しないですかね?^^;

—————————————————————————————————
■ペルーの観光都市クスコ、欧州からの観光客減見越しブラジルに照準

 ペルー国営アンデス通信は25日、ペルー南東の都市クスコから観光客誘致を目的とした代表団が7月にブラジルを訪問すると伝えた。

 ケチュア語で「へそ」を意味するクスコは11-12世紀頃に建設され、太陽神を崇拝するインカ帝国の都として栄えた由緒ある都市。ペルー有数の都市でもあり、世界遺産マチュ・ピチュが近くにあることで知られる。

 クスコ自体も世界遺産に登録された古い都市で、マチュ・ピチュなどの遺跡群と合わせ世界有数の観光地として名高い。12年1-4月の観光客は前年同期比18%増の65万人。そのうち外国人観光客は60%を占めるが大半は米国人とドイツ人であり、意外にも南米からの来訪者は少ない。

 現在、欧州は債務問題で大きく揺れており、今後は欧州からクスコ周辺へ来る観光客減少が見込まれる。クスコ市側は対策として新興国のなかでも経済成長が続く南米、特にブラジルを中心としてアルゼンジン、コロンビアから観光客を誘致し、活性化につなげたい考えだという。 

 クスコ地方にとって観光客の減少は経済的に大きな痛手。欧州方面からの観光客減少に備え、先手を打つ構えのようだ。 

http://www.emeye.jp/disp%2FPER%2F2012%2F0626%2Fstockname_0626_020%2F0%2F1/