ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル政府、3000億円超の追加景気刺激策発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、3000億円超の景気刺激策!これが無駄金にならないと良いのですが…ちなみに教育分野も対象になっていますが、スクールバスの調達ですか。う〜ん、もうちょっと何か出来ないですかね?^^;

—————————————————————————————————
■ブラジル政府、3000億円超の追加景気刺激策発表

 ブラジル政府は27日、政府調達の拡大を柱とした84億レアル(約3200億円)規模の追加景気刺激策「成長加速プログラム」を発表した。

 今回の景気対策は、医療と防衛、教育、農業の4分野を対象とし、調達品目には救急車や切削機などの建設機械、スクールバス、警察用バイク、ミサイル発射用車両などが含まれる。政府でブラジル経済の底上げに寄与する産業セクターでの政府調達を拡大することでGDP(国内総生産)伸び率を押し上げる効果を期待している。

 保健省によると、政府は医療セクターでは、政府調達の入札で優遇措置の利用により、CTスキャナーやディスプレー装置など80品目以上の購入価格を8-25%引き上げることで調達額を拡大する。救急車を2100台購入するほか、政府は部品の現地調達比率が60%以上であれば、医療装置メーカーに対しブラジル国立経済社会開発銀行(BNDES)から融資を提供する。

 また、教育分野では8500台のスクールバスを調達し、農業分野では干ばつ対策として8000台のトラックを購入、警察分野ではバイクを500台購入する。防衛省関連では、軍用調達額は15億2700万レアル(約590億円)で、調達品目はトラックが4170台、戦車は40台、ミサイル発射車両が30台となっている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0628%2Fstockname_0628_014%2F0%2F1/