ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

島しょ部、高松中央商店街でブラジル音楽の祭典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ボサノヴァで瀬戸内海を盛り上げる!面白い取り組みですねー。ブラジルからミュージシャンも招くとのことですが、誰が呼ばれるのでしょうか。気になるところです。お近くの方はぜひご参加ください^^

—————————————————————————————————
■島しょ部、高松中央商店街でブラジル音楽の祭典

 ボサノバで瀬戸内圏を盛り上げよう―。高松市を中心市とする瀬戸・高松広域定住自立圏は今秋から、小豆島、直島、高松市の中央商店街などでボサノバライブなどを展開するブラジル音楽の祭典を開く。市民に音楽に親しむ機会を提供するとともに、音楽を通じて地域活性化につなげる。

 高松市が2市5町(さぬき・東かがわ・直島・土庄・小豆島・三木・綾川)とつくる定住自立圏の事業として「街角に音楽を推進事業」(ブラジル音楽フェスティバル)を企画し、国の調査事業に採択された。

 市文化・観光・スポーツ部は「街角に音楽があふれる環境づくりを進め、地域の活性化につなげるとともに、来春から始まる瀬戸内国際芸術祭2013を盛り上げたい」としている。

 具体的には、土庄、小豆島、直島の島しょ部3町でボサノバライブを開き、ボサノバの魅力を人々に発信する。また、高松市の中央商店街でブラジル音楽フェスティバルを開くほか、ブラジルから有名なミュージシャンを招いてホールコンサートも開催する計画。

 国内でジャズフェスティバルを開催している地域は多いが、ブラジル音楽の祭典は少ないことから、同部は「瀬戸内の自然環境や風土、歴史とブラジル音楽との化学反応が起き、文化・芸術の風が薫る創造都市・高松の構築にも結び付けたい」と話している。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20120630000154