ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

穀物大手ルイ・ドレイファス、ブラジル子会社バイオセブのIPO実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、穀物大手が460億円の資金調達とのことで、今年2番目の大型IPO案件だそうです。資金調達の理由はM&A資金のようで、今後買収が増えるんでしょうね…

—————————————————————————————————
■穀物大手ルイ・ドレイファス、ブラジル子会社バイオセブのIPO実施へ

 世界的な穀物メジャーで知られるルイ・ドレイファス・コモディティーズは来月下旬をメドに、傘下のブラジルサトウキビ生産2位バイオセブのIPO(新規株式公開)を実施し、11億4000万レアル(約460億円)の資金を調達する方針を明らかにした。このIPOはブラジルでは今年2番目の大型案件となる。英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)が伝えた。

 今回のIPOは、ドレイファスが将来のM&A(企業の合併・買収)案件に必要な資金を確保するため70億ドル(約5600億円)の資金調達計画の一環として行われるもの。IPOでは5560万株を1株当たり16.5-20.5レアル(約660-820円)で売却し、最大11億4000万レアルを調達する計画で、公開価格は7月18日に決定され、同月20日にサンパウロ証券取引所(ボベスパ)で初取引が行われる予定。主幹事は米金融大手JPモルガンとスペイン金融大手サンタンデール、地場大手金融機関。

 バイオセブは、ドレイファスが09年10月に、当時のブラジルのサトウキビ生産大手サンテリーザ・バーレを買収したあと、ドレイファス傘下の砂糖・エタノールの生産子会社と合併して設立され、当初はLDC-SEVと呼ばれていた。現在、ドレイファスが全体の株式の65%を保有している。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0702%2Fstockname_0702_031%2F0%2F1/