ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル福音主義キリスト教徒人口急増 カトリック教徒はやや減少傾向、無宗教者は微増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




宗派間での移動って、結構あるものなんですかね。あまり急増とか急減とかイメージありませんでしたが…しかし、ブラジルは世界2位のキリスト教の国だそうです。

—————————————————————————————————
■ブラジル福音主義キリスト教徒人口急増 カトリック教徒はやや減少傾向、無宗教者は微増

 6月29日、ブラジル地理統計院(IBGE)が発表した国勢調査結果によると、2000年から2010年の10年間にわたってブラジル国内の福音主義キリスト教徒の人口が1600万人も増加していたことが明らかになった。1日、米クリスチャンポスト(CP)が報じた。

 2010年の国勢調査結果では、1980年から2010年にかけて、ブラジル国内の福音主義キリスト教徒の割合は6.6パーセントから22.2パーセントに増加していたことが示された。

 今回の調査結果により、ブラジルは南米でもっとも急速に福音主義キリスト教徒の人口が増加した国家であることが明らかになった。

 一方、ブラジル国内のカトリック教徒の人口は過去10年間で減少が示された。2000年のカトリック教徒の割合は73.6パーセントであったものの、2010年には64.6パーセントにまで減少していたことが示された。

 カトリック教徒の人口減はブラジル国内のあらゆる地域で示されたが、特に北部地域で減少の度合いが高い事が示された。北部のカトリック教徒の割合は2000年には71.3パーセントであったが、2010年には60.6パーセントにまで減少していたことが示された。なお、北部の福音主義キリスト教徒の割合は2010年の19.8パーセントから2010年には28.5パーセントにまで増加が示された。

 福音主義キリスト教徒が最も多い州はブラジル北西部にあるロンドニア州で、33.8パーセントが福音主義キリスト教徒であるという。一方同国北西部のピアウイ州では、カトリック教徒の割合が85.1パーセントと最も高い一方、福音主義キリスト教徒の割合は最も低く、9.7パーセントに留まった。リオデジャネイロ州のカトリック教徒の割合は45.8パーセントでもっともカトリック教徒の割合の低い州であることが示された。

 一方無宗教者の割合は、2000年の7.3パーセントから、2010年には8パーセントに増加していることが示された。

 また性別、教育、人種、年齢別の割合での調査結果では、カトリック教徒の信徒の65.5パーセントは男性であり、63.8パーセントが女性であることが示された。またカトリック教徒は40歳以上の比較的年齢の高い人々の割合が高い一方、福音主義キリスト教徒は青少年の割合が高い事が示された。

 ブラジルは現在世界で2番目にキリスト教徒の多い国となっている。

http://www.christiantoday.co.jp/article/4805.html