ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル6月新車販売台数、減税効果で前月比23%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




6月の新車販売状況はどうやら好調だったようですね。前月比で23%UP。まぁ前月が悪かったという影響もあるとは思いますけど。しかし税金に本当に振り回されてますね。。。

—————————————————————————————————
■ブラジル6月新車販売台数、減税効果で前月比23%増

 ブラジル自動車販売業者連盟(FENABRAVE)が3日に発表した6月の新車販売台数(バス・トラック含む)は政府の自動車振興策の効果で、前月比22.9%増の35万3200台と、前月(5月)の同11.5%増に続いて2カ月連続で急回復した。ブラジル経済紙バロール・エコノミコ(電子版)が伝えた。

 前年同月比も16.1%増と、前月の9.7%減から一転して前年水準を上回っており、1-6月期の累計販売台数でも前年同期をわずか1.2%下回る172万台だった。

 内訳は乗用車と商用車は前月比24.2%増の34万0700台と、10年12月の36万1200台以来1年半ぶりの高水準を達成。前年同月比も18.75%増となった。一方、トラックは新型モデルの価格が15%上昇したため、前月比0.95%減(前年同月比27.6%減)の1万700台で、バスも前月比21.85%減(前年同月比31.5%減)の1800台となった。

 同自動車販売業者連盟によると、6月の新車販売台数が急増したのは、5月に導入された自動車販売を促進するための消費刺激策の効果が現れたためとみられている。政府は5月21日に、景気刺激の一環として、自動車販売の低迷と過剰在庫に苦しんでいる自動車業界を救済策するため、市中銀行がブラジル中央銀行に預ける所要準備預金の一部を自動車ローンの資金充当することを条件に一定額の積み立て免除や自動車の取得に関連する減税策など総額27億レアル(約1080億円)の追加景気対策を発表している。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0704%2Fstockname_0704_017%2F0%2F1/