ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

日系ブラジル人「第2世代」中川大臣招き集会 浜松学院大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、これは非常に良い取り組みな気がしますね。「外国人にも義務教育制度を適用してほしい」という要望を中川大臣に直訴。これで少しずつでも変わっていくといいですね。今後の経過が気になるところです。

—————————————————————————————————
■日系ブラジル人「第2世代」中川大臣招き集会 浜松学院大

 浜松学院大は7日、日系定住外国人施策に取り組む中川正春内閣府特命担当相を招き、同市に住む日系ブラジル人の若者との対話集会を同市中区の同大で開いた。出稼ぎで来日した両親を持つ「第2世代」と呼ばれる若者たちが日本に定住する上での課題と必要な支援について話し合った。鈴木康友市長ら行政関係者や一般市民約50人が傍聴した。

 第2世代側からは「日本語の壁やいじめ、学費の問題などで不就学の子供が出る。外国人にも義務教育制度を適用してほしい」などの意見が出た。「高校や大学を出ても“派遣”でしか働けない」と雇用の不平等を指摘する声も多くあがった。

 中川担当相は「日本社会には確かに差別があり、制度の見直しが必要な部分もある。しかし、諦めずに可能性を見つけてチャレンジしてほしい」などと呼び掛けた。

 進行役を務めた市民団体「マイノリティー ユース ジャパン」のパブロ・ナダヨシ・ロリン代表は「第2世代側からも距離を縮める努力が必要。今後も声を発信していきたい」と感想を話した。

http://www.at-s.com/news/detail/397725948.html