ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル、地場産業への投資拡大狙い資本財の輸入関税を2%に引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




おぉー、輸入関税を14〜16%から2%への引き下げ。これは大きいですねー。そこまでいくなら0%でもいいんじゃないの、とも思ったりもしましたが、でも資本財の減税、良い話ですね^^

—————————————————————————————————
■ブラジル、地場産業への投資拡大狙い資本財の輸入関税を2%に引き下げ

 ブラジル貿易審議会(CAMEX)は前週末、地場産業への投資拡大と製造業の国際競争力の強化を狙って、新たに国内で生産されていない資本財569品目の輸入関税の税率を来年12月末まで現在の14-16%から2%に引き下げる減税措置を決定した。オ・エスタド・ジ・サンパウロ紙(電子版)などが伝えた。

 減税対象の569品目のうち、大半の551品目は自動車部品などの資本財で、残りの18品目はコンピューター・通信関連装置となっている。商工開発省によると、これまでに376品目の輸入関税が先行して2%に引き下げられている。

 今回の減税措置の恩恵を受ける貿易相手国は、569品目の全輸入額の25.4%を占めるドイツがトップで、続いて米国(24.1%)、イタリア(9.3%)、インド(7.3%)。また、恩恵を受ける産業は自動車(19.71%)、鉄鋼(12.5%)、石油(12.22%)、グラフィック(10.41%)、建設(10.35%)となる。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0709%2Fstockname_0709_009%2F0%2F1/