ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ジェネリック医薬品販売 1~5月期、34%増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ジェネリック医薬品市場、伸びてますねー、売上で34%増、販売個数で21%増。素敵です。今まで薬が高額で手の届かなかった層も購入し始めた、という事ですかね^^

—————————————————————————————————
■ジェネリック医薬品販売 1~5月期、34%増加

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は今年1~5月期に大きく売り上げを拡大し、昨年同時期の31億レアルを34%上回る42億レアルを売り上げた。販売個数は同21.2%増の2億6400万個。世界中で医療・健康分野の市場調査及びコンサルティングサービスを行うアイ・エム・エス・ヘルス社(IMS Health)発表として6月25日付伯メディアが伝えた。この5カ月間における伯医薬品市場全体に占めるジェネリック医薬品のシェア(数量ベース)は昨年同時期の24.4%から26%へ拡大、金額ベースにおいても19.9%から22.3%へシェアを伸ばした。

医薬品市場全体としても拡大してはいるが、ジェネリック医薬品ほどの勢いはない。1~5月期の累計販売個数は昨年同時期の9億2160万個を上回る10億2000万個に達しているが、伸び率は11.7%と、ジェネリック医薬品のそれを下回っている。売上額も同様で、同期間中の医薬品全体の売り上げは昨年を上回る194億レアルに達したが、伸び率はジェネリック医薬品のほぼ半分、17.8%にとどまっている。

ブラジルジェネリック医薬品工業会(ProGenericos)のテルマ・サーレス会長によると、ジェネリック医薬品の伯市場におけるシェアは今年中に30%台に到達するとみられている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9604/menu/10/cat/95