ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

聖市内各地で騒動相次ぐ コリンチャンス優勝の余波

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いやはや・・・「さすが」としか言えないですが、ヒドイですね。。。きっと、勝っても負けてもこういったトラブルは起こっていたとは思うのですが、なんとかならないもんなんですかね…
こうなると、下手に決勝進出とかしないでもらった方が、平和的でいいことになってしまいますよね。。。

—————————————————————————————————
■聖市内各地で騒動相次ぐ コリンチャンス優勝の余波

サッカー・リベルタドーレス杯(南米選手権)でコリンチャンスが優勝を決めた4日夜から5日にかけて、聖市内各地では熱狂したサポーターらによる騒動が相次いだ。5日付エスタード、フォーリャ両紙(ウェブ版)が報じた。

パウリスタ大通りでは5日午前2時ごろ、優勝を祝うサポーター400人と軍警察との間で衝突が発生した。ジルベルト・カサビ聖市長(PSD)は、交通の障害になるとして同大通りでの大騒ぎを禁止していたため、催涙ガスやゴム弾を用いた軍警察が動員された。

これに対しサポーター側は、石やビール瓶を投げたり花火を飛ばしたりして警察に対抗したため、サポーターと警察の双方に負傷者を出したが、午前5時半ごろに騒動は収まり、交通状況も平常に戻った。

さらにサンパウロ運輸(SPTrans)によると、5日午前0時から同1時にかけて、聖市内各地で市営バス12台が破壊されたという。

破壊されたバスは修理のために車庫に運ばれたが、バスの運行に影響は出ておらず、負傷者もいなかったとされている。

◆被害者も多数
一方、コリンチアーノが被害者になったケースも数多く確認されている。聖市タツアペ区では、無免許運転でサポーター20人を次々にはねたとして、エクトル・サンタナ容疑者(20)が現行犯逮捕された。同容疑者は5日午前1時45分ごろ、優勝を祝うサポーターの間を自動車で通過しようとしたところ、誤って女性を車でひいてしまったため、その場に居合わせたコリンチアーノからの報復攻撃を受けた。これに驚いた容疑者が、自動車を加速させてサポーターら20人を次々とはね、そのうち2人が重傷を負ったという。

さらにパラナ州カスカベル市では、優勝騒ぎの中でルイス・エンリケさん(19)が、バイクに乗った犯人に銃撃されて死亡した。警察ではまだ容疑者を特定していないが、他チームのサポーターとのトラブルの可能性も考慮し、防犯カメラの映像を基に犯人の捜索を続けている。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9590/menu/9/cat/1