ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル石油大手ペトロブラス、沖縄県西原製油所など売却へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あー、ペトロブラスが所有していた沖縄の製油所、売られてしまうんですね…まぁ戦略上しょうがないんだとは思うものの、なんだかちょっと寂しいですね。。。

—————————————————————————————————
■ブラジル石油大手ペトロブラス、沖縄県西原製油所など売却へ

 ブラジル国営石油大手ペトロブラスは、ブラジル南東部の大西洋沖の巨大な油田鉱区の開発を進めるために必要な資金を確保する目的で、日本と米国にある2カ所の製油所を合計148億ドル(約1兆1840億円)で売却することを検討している。ブラジル紙ユニベルソ・オンライン(UOL)の電子版が10日に伝えた。

 日本の製油所はペトロブラスがアジア向け輸出拠点として07年に南西石油から7100万ドル(約57億円)で買収した沖縄県にある西原製油所(原油処理能力は日量10万バレル)。一方、米国の製油所はテキサス州にあるパサデナ製油所で、ペトロブラスが06年にパートナーのシンガポールのトランスキュー・グループ傘下のアストラ・オイルと共同で、12億ドル(約960億円)で買収した。しかし、いずれも採算割れとなって赤字を余儀なくされている状況だ。

 ブラジル石油院(IBP)のアルバロ・テクセラ専務理事によると、11-15年のエネルギー開発に必要な資金は2580億ドル(約20兆6400億円)と推定されているが、そのうちペトロブラスは83.3%を投資するとみられる。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0711%2Fstockname_0711_019%2F0%2F1/