ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ペンギン500羽以上の死骸見つかる=ブラジル南部の海岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日はリオでペンギンが、という話がありましたが、そのペンギン達でしょうか…リオグランジドスルで512羽ものペンギン達が。。。何が起こっているのでしょうか…悲しい事故です。。。

—————————————————————————————————
■ペンギン500羽以上の死骸見つかる=ブラジル南部の海岸

【リオデジャネイロ13日AFP=時事】ブラジル南部リオグランデドスル州の海岸でマゼランペンギン512羽が死んで打ち上げられているのが見つかった。海洋研究機関が13日明らかにした。(写真は英エディンバラ動物園のペンギン。3月撮影)

 現場は州都ポルトアレグレから約100キロの海岸。獣医師らがペンギンの死因を調べている。また、30羽前後の死骸をポルトアレグレ大学で分析中で、結果は1カ月以内に公表される予定だ。

 グロボ紙のニュースサイトG1によると、獣医師らは死んだペンギンが多数に上っていることや、栄養がよく行き渡っていて疲れ切った様子がなく、けがや油の染みもないことに首をひねっている。

 アルゼンチンとチリの南部で繁殖するマゼランペンギンは、3~9月の間にリオグランデドスル州の海岸に沿ってサンパウロ付近まで北上する。主なエサは小魚と甲殻類で、天敵はミナミゾウアザラシ。 〔AFP=時事〕

http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_soc&rel=j7&k=20120714029154a