ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルの信用市場:限度いっぱいの借金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




以前から言われているバブル的な状況。まだパニックになる必要はない、とのことですが、とはいえ、遅延比率は過去最高水準でもあるようですし、今後の動向は非常に気になるところですよね。。。

—————————————————————————————————
■ブラジルの信用市場:限度いっぱいの借金

デフォルト(債務不履行)の急増は、警戒を要することを知らせる合図であって、まだパニックする必要はない。

国内総生産(GDP)に対する割合で見ると、ブラジルの貸出残高はこの10年間で倍増した。住宅ローンが借り易くなったおかげで、大都市の不動産価格はたった5年間で2倍に跳ね上がった。同様に自動車ローンの充実で活気づいた自動車産業は、2011年に5年連続で過去最高の販売台数を記録した。

 ところが今、ブラジルの信用ブームはバブルの様相が薄れ始め、恐々としてきた(図参照)。90日以上返済が遅延している融資の割合は6%に達し、過去最高を更新した。

 政府はパンチボウル(刺激策)を片づけるどころか、全員にお代わりを出せと要求している。

2009年、世界的な景気後退がブラジル人の消費意欲を削いだ時には、政策立案者たちは需要を回復させるために、売上税と金利を引き下げた。

 景気が再び低迷している現在(昨年の成長率はわずか2.7%で、独立系のアナリストは、2012年は一段と経済が伸び悩むと見ている)、政府は借り手が再度、救援に乗り出してくれることを望んでいる。

●消費者にさらなる借り入れを促す政府

 中央銀行の政策金利は7月11日に0.50%引き下げられて8%となった。昨年8月にピークをつけた12.5%からかなり低下した格好で、今後さらなる利下げも見込まれている。中銀は公的銀行に対して金利差益を削減して融資を増やすよう命じ、民間銀行に対してはそれに倣うように要請した。

 金利の引き下げは、多額のローンを抱える消費者から重圧を直ちに取り除く効果があると、バンク・オブ・アメリカのデビッド・ベカー氏は話す。大多数の国と比べ、ブラジルでは融資期間がかなり短い。つまり、長期間にわたり、昔の高金利のローンを抱え続ける人が少ないということだ。現在は、家計ローンの返済の3分の1以上が利子によって食いつぶされている。

 だが、国民が自由になったカネを新たな支出や新規融資に再循環してくれるという政府の期待は、それほど根拠が確かではない。格付け会社ムーディーズのセレス・リスボア氏は、民間銀行が協力するかどうか疑わしいと考えている。

 デフォルト率が上昇し、貸し倒れ引当金の増加が利益を圧迫しているため、銀行は今後、誰に融資を行うか一層注意する構えだ。民間銀行が儲からない顧客を切り捨てるのなら、恐らく信用の質の低下を犠牲にしながら公的銀行が市場シェアを増やすことになるだろう。

 信用ブームが勢いを失っても、パニックする必要はない。民間債務は近年、持続不能なペースで拡大してきたものの、起点が極めて低かったことから、絶対的な水準はまだ少ない。例えば住宅ローンの貸出残高は2005年以降4倍に増えたが、それでもGDPの5%を多少上回る程度だ。

 また、過去の銀行危機の後に導入された厳格な規則のおかげで、ブラジルの銀行は自己資本が充実している。

 コンサルティング会社キャピタル・エコノミクスのニール・シェアリング氏は、国内銀行の中核的自己資本(Tier1)比率の平均が新たな自己資本規制(バーゼル3)で明記された最低基準の6%を割り込むには、ブラジルのすべての住宅ローンがデフォルトに陥り、担保がすべて無価値にならなければならないと試算している。

●問題は実体経済の「二日酔い」

 労働市場が堅調である限り、借り入れに走ったブラジル人の大半は、債務を比較的楽に消化できるだろう。失業率は過去最低に迫る水準だし、以前より伸びは多少鈍くなっているとはいえ、実質所得はまだ上昇している。

 また、大半の銀行は、より持続可能なレベルの融資実行に円滑に移行できるはずだ。一握りのニッチな中規模金融機関は苦戦するだろう。例えばバンコ・ボトランチンでは、自動車ローンの貸し倒れ引当金が膨れ上がったため、株主が先月、20億レアル(9億7000万ドル)の資本注入を強いられた。乗っ取りに遭う銀行もあるだろう。

 しかし、貸し手も借り手も新規融資に大して意欲を示していない状況にあって、10年続いたブラジルの信用ブームが残す最大の影響は、実体経済の二日酔いだろう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35701