ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル連邦地裁、携帯電話大手の契約受注停止差し止め請求を棄却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




携帯SIMカードの新規販売停止処分の件、差し止め請求もむなしく、今週から販売停止に突入してしまいましたね。果たして各キャリア、どんな対処をとって、いつ販売再開になるのでしょうか。注目です。

—————————————————————————————————
■ブラジル連邦地裁、携帯電話大手の契約受注停止差し止め請求を棄却

 ブラジル連邦地裁は23日、伊通信大手テレコム・イタリア傘下のチン・パルチシパソエスがブラジル通信庁を相手取って起こしていた新契約の受注停止処分差し止め訴訟で、通信庁の処分決定の妥当性を認める判断を示し、チンの差し止め請求を退けた。国営通信アジェンシア・ブラジル(電子版)が伝えた。

 通信庁は18日、同国の携帯電話サービス大手4社のうち、チンのほか、ポルトガル・テレコムが一部出資しオイブランドで知られるテレマール・ノルテ・レステ、中南米最大のメキシコの携帯電話サービス大手アメリカ・モビル傘下のクラロの3社の電話サービスの内容に対する顧客の苦情が殺到していることから、週明けの23日から最大19州で、3社による新契約の受注を一時停止すると発表。

 これを受けて、チンは前週末、同地裁に対し、通信庁の処分決定の差し止めを求める仮処分申請を行っていた。チンはリオデジャネイロやリオグランデ、パラなど19州での契約販売が禁止される。ただ、1カ月以内に、サービス内容を改善し通信庁の了承が得られれば販売の再開が認められるとしていた。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0724%2Fstockname_0724_022%2F0%2F1/