ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジルのヴァーレ:4-6月は59%減益-鉄鉱石値下がりで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ヴァーレが59%の減益、かなりの落ち幅ですね…単価だけでそこまで落ちるのか?という気もしますけど、売上も21%落ちてるんですね。なかなかしんどい状況ですね。。。

—————————————————————————————————
■ブラジルのヴァーレ:4-6月は59%減益-鉄鉱石値下がりで

  7月25日(ブルームバーグ):世界最大の鉄鉱石生産会社、ブラジルのヴァーレの4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比で59%減益となり、アナリスト予想を下回った。鉄鉱石やニッケル、銅の値下がりが響いた。

純利益は26億6000万ドル(約2080億円、1株当たり52セント)と、前年同期の64億5000万ドル(1株当たり1.22ドル)から減少した。同社が25日、当局への届け出で明らかにした。ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均では、一部項目を除いたベースでの1株利益が73セントと見込まれていた。

ヴァーレの株価は25日、約2カ月ぶり安値まで下落。世界最大の鉄鋼生産国である中国の景気減速や欧州債務危機の悪化を受け、鉄鉱石価格が下げたことがマイナス材料。
純売上高は21%減の119億ドル。同社の鉄鉱石の販売価格が1トン当たり平均103.29ドルと、昨年の145.30ドルから落ち込んだことが響いた。同社によると、ニッケルの平均販売価格は31%、銅は15%それぞれ下落した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M7QJ926JTSEY01.html