ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

フレイ・カネカきょう閉鎖 店員の生活にも影響 裁判所が仮処分申請を却下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あらま、ショッピングセンター「フレイ・カネカ」、閉鎖になってしまいましたね…確か更なる拡張工事してる最中でしたよね?他のショッピングセンターも指摘されていて、いつ閉鎖になるか分からないですが、当事者の方々にとってはたまったもんじゃないですね。。。

—————————————————————————————————
■フレイ・カネカきょう閉鎖 店員の生活にも影響 裁判所が仮処分申請を却下

聖市役所は、ベラ・ビスタ区のショッピングセンター「フレイ・カネカ」をきょうから無期限で閉鎖すると発表した。同ショッピングは税金や罰金など1700万レアル分を滞納していたため、市役所が営業許可証の更新申請を却下していた。同様の問題を抱えたまま営業を続けるショッピングは聖市内に27店舗あるとされている。25日付フォーリャ、エスタード両紙が報じた。

フレイ・カネカは2001年にオープンし、必要書類もすべて整えて営業を続けてきた。しかし、10年に行った店舗拡張工事の完了後に営業許可証の更新を申請したが、税金などの滞納を理由に却下されていた。

しかし、店舗閉鎖という具体的な措置に踏み切った背景には、聖市役所建物認可局の元局長がショッピング建築を認める見返りに賄賂(わいろ)を受け取っていた汚職事件が報道され、聖州検察局の捜査で贈収賄の実態が明らかになったことが挙げられる。

フレイ・カネカは2日に監査を受け、市が定めた期日中に書類の不備を修正するよう命じられていた。しかし期限までに書類が提出されなかったため、きょうからの営業停止が通達された。

同ショッピングは市に対する滞納額が膨大化したため、他のショッピングと同様の猶予期間を受ける権利が与えられなかった。しかし、フレイ・カネカが滞納分を納めていれば、書類を整えるための猶予期間も与えられていたはずだったという。

これらの措置を受け、フレイ・カネカ側は裁判所に対し、閉鎖措置を撤回させるための仮処分申請を進めていた。しかし裁判所は、市役所の不備を一部認めたものの、同ショッピングがこれまで書類の不備を放置したまま営業してきたことを理由に訴えを却下している。この判決によって、同ショッピングの閉鎖が確定した。

フレイ・カネカは、店舗閉鎖に関する市からの正式な通知を25日時点で何も受けていないとし、さらに同ショッピングが汚職疑惑や違法営業などで閉鎖の危機 に立たされているブルック・フィールド社やサボイ社など大手ショッピング経営グループと一切関係がないことも主張している。

◆店員の生活
ショッピング内には様々な店舗が入居しているが、閉鎖によってこれらの店舗や納入業者への影響が出ることは必至とみられている。また各店舗で勤務する販 売員の給料は販売手数料のみという場合が多く、閉鎖ということになれば、生活に支障が出る可能性もあるとして困惑している。

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/9832/cat/1