ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

ブラジル6月失業率が発表延期、調査員ストライキでデータ集まらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




あははは・・・なんともブラジルらしい事態ですね。調査員がストライキのため、定期調査の発表が延期する、と。というか、発表延期だけではなく、調査延期ですよね。。。困ったもんですね…

—————————————————————————————————
■ブラジル6月失業率が発表延期、調査員ストライキでデータ集まらず

 ブラジル地理統計資料院(IBGE)は26日、同日予定していた6月失業率の発表を延期することを決定した。IBGEの一部調査員がストライキに入り、通常調査する6都市のうちリオデジャネイロを除く5都市しかデータを集められなかったため。5都市それぞれの失業率は公表したが、全体の失業率はデータがそろい次第発表するという。市場予想では6月の失業率は5.7%と5月の5.8%から低下し、6月としては過去最低水準まで改善する見込みだった。

 報道によると、ブラジルでは過去1カ月に大学職員や国営企業の従業員など約10万人を超える人々が賃上げ要求のストライキを行っており、政府が対応に乗り出す事態に発展。IBGEではストライキがIPCA(拡大消費者物価指数)など他の経済指標の発表に影響を与えないとする一方、労働組合ではストライキが指標のデータ収集の障害になる可能性があるとしている。

http://www.emeye.jp/disp%2FBRA%2F2012%2F0727%2Fstockname_0727_019%2F0%2F1/