ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

肉食魚ピラニア、あっさり味でおいしい? 水族館、かき揚げやあんかけで提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




なんと!ピラニアを日本でも食べる事が出来るんですね!すごい!岐阜と長崎のようで、お近くの方はぜひ試されてみてはいかがでしょうか?
ちなみにたまたま、僕は昨日こちらで「ピラニアスープ(カウド・ジ・ピラニア)」を飲みました。美味しかったですよ。栄養満点らしいです^^

—————————————————————————————————
■肉食魚ピラニア、あっさり味でおいしい? 水族館、かき揚げやあんかけで提供

 どう猛な印象の魚「ピラニア」。南米アマゾン川流域では食材として昔から口にされているが、今年の夏は日本国内でも味わうことができる。

  南米アマゾン川などに生息する「ピラニア」。動物パニック映画や小説などでは、やや誇張はされてはいるものの、ピラニアは現地の言葉で「歯のある魚」を意味する通り、時にはその鋭利な歯と強靭(きょうじん)な顎で水辺にやって来た人間や牛などを襲う肉食の魚だ。

  しかしこのピラニア、その抜群の知名度から、はく製や特徴ある歯などは訪れる観光客がこぞって求める人気の土産品であり、アマゾン川周辺地域に暮らす人にとっては、貴重な“収入源”でもある。また世界中で観賞用に飼育する愛好家も多い。

  さらにピラニアは、古くから豊富なタンパク質を持つ食材としても有名だ。白身であっさりしており、おいしいといわれているピラニアを、今夏は日本国内でも食べることができる場所がある。

  まずは、中部地方にある世界最大級の淡水魚の水族館「岐阜県世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ(各務原市)」。同水族館内のレストラン施設であるアロワナガーデンでは、夏休みの期間中に限り「ピラニアの甘酢あんかけセット(1,280円)」を販売している。これは一匹が丸ごと素揚げされたピラニアの上に、特製のあんがかけられたもの。今年のゴールデンウィーク期間にも登場して、人気を博したという。こちらのメニューは素材であるピラニア肉の量の関係で、提供は1日10食まで。さらに販売期間も素材がなくなり次第終了する。予約もできないので、興味のある人は急いだ方がよさそうだ。

●期間限定のピラニア料理・トトぎふ

  また、長崎でもピラニアを食することができる。場所は「長崎市科学館(長崎市)」で、9月2日まで開催されている「ワイルドアマゾン展」の会場内にあるアマゾンカフェ。ここでは「ピラニアバーガー」を試すことができる。種類は3つあり、プレーンタイプはピラニア肉と牛肉のパテ、コロッケタイプはポテト&ピラニア肉の切り身、そしてかき揚げタイプは、野菜のかき揚げと揚げたピラニア肉を挟んだものだ。価格はそれぞれ400円。なお、こちらも販売は、1日各10個限定となっている。さらに同カフェでは、冷凍のピラニア肉(700円)もあるとのこと。レシピについても、アドバイスが得られるそうだ。

  恐怖の人喰い魚イメージのあるピラニア。しかし逆にピラニアにしてみれば、観光に利用され、鑑賞用に飼われ、挙げ句の果てには胃袋に収められてしまう。人間とは何と恐ろしい存在だと思っているのかもしれない。

 

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0728&f=business_0728_032.shtml