ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

マツダ:ブラジル生産について「あらゆる可能性検討」-尾崎副社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




マツダの、メキシコ→ブラジルへのルート、まだ「断念したわけではない」んですね。でも結構抜本的に見直さないといけなさそうな気もしますよね。。。

—————————————————————————————————
■マツダ:ブラジル生産について「あらゆる可能性検討」-尾崎副社長

7月31日(ブルームバーグ):マツダの尾崎清副社長は31日の決算会見で、ブラジルでの現地生産に関して、必要かもしれないと述べ、「あらゆる可能性を検討」していることを明らかにした。一方、メキシコの新工場からブラジルへの輸出については、断念したわけではないと述べ、「現在、見直しをかけている」と語った。

最高財務責任者(CFO)を兼務する尾崎氏は、メキシコからブラジルへの輸出に関して、ブラジルの通商政策の変更で制約が出てくる可能性を指摘し、輸出台数などを見直す考えを示した。

中南米市場の事業強化を目指すマツダは昨年6月、住友商事と共同で、メキシコに新工場を建設するほか、ブラジルでは合弁で販売事業を展開すると発表した。しかし、両国間の通商摩擦の余波で、マツダはメキシコの新工場からブラジルへの輸出を断念し、2014年にもブラジルで現地生産を始めると、31日付の日本経済新聞朝刊が報じた。

一方、マツダが同日発表した4-6月の決算では、純損失が65億円と、前年同期から赤字幅が縮小した。ブルームバーグが事前に集計したアナリスト5人の予想平均は75億円の赤字だった。今期(13年3月期)の業績予想は据え置いた。

尾崎氏は4-6月の決算について、非常に良かったとの認識を示し、4-9月での純損益の黒字化に自信を表明した。

4-6月決算では、国内を中心に販売台数が拡大し、売上高は前年同期比24%増の5066億円となり、営業損益も18億円の黒字に転換した。一方、有形固定資産の耐用年数や残存価額については会計方針を見直し、従来の方法に比べ営業利益で12億円の増加、経常損失で13億円の減少となった。営業外費用には為替差損94億円を計上し、為替差損が前年同期の46億円から拡大した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M80GYN6TTDSF01.html