ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

【三重】パッションフルーツで緑のカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




パッションフルーツって、マラクジャのことですよね?マラクジャで緑のカーテン!?すごいですねー、「一風変わった」とありますが、かなり変わってますよね。笑 生で見てみたいです…^^

—————————————————————————————————
■【三重】パッションフルーツで緑のカーテン

 御浜町の県紀南果樹研究室が今夏、亜熱帯果樹のパッションフルーツを使い、一風変わった緑のカーテン作りに取り組んでいる。果樹研究と施設内の節電対策の一挙両得につながると考え、初めて企画した。

 パッションフルーツはブラジル原産で、トケイソウ科。果実の表面は紫色で、秋には約百グラムの卵形の実が収穫できる。糖度一五~一六度に達し、半分に切ってゼリー状の果実と種を食べる。

 県は紀南地方での特産化を目指し、二年前から栽培実験に着手。同研究室で育てている六種類の品種のうち、五種類計十五株を事務棟の南側に植え、品種ごとの熟する時期などを確かめている。

 つるがフェンスに絡むように世話をしており、現在高さ三メートルに達した。大きく開いた葉がさらに成長すれば事務室に光が入るのを防ぎ、節電につながりそうだ。須崎徳高主幹研究員(48)は「品種ごとの成長の違いを見極めて、将来の研究に役立てたい」と話している。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20120803/CK2012080302000017.html