ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

仏ルノー、ブラジルのモーター工場を増強 今後の投資には慎重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ルノーがエンジンではなく「モーター」工場を増強だそうです。とはいえ、モーター=電動自動車というわけでもないですよね、普通の自動車に使われているモーターということですよね、きっと。パッと見、電動自動車が急激に伸びているのか?とも思ってしまいましたが…

—————————————————————————————————
■仏ルノー、ブラジルのモーター工場を増強 今後の投資には慎重

 [サンホセドスピンハイス(ブラジル) 2日 ロイター] フランスの自動車大手ルノー(RENA.PA: 株価, 企業情報, レポート)は、ブラジルのモーター工場の生産能力を2013年までに25%増強する計画を明らかにした。

 ただ、同社のブラジル代表オリビエ・ミュルゲ氏は、ブラジルではコストの上昇が競争力を圧迫する要因になっていると指摘。今後の投資に慎重な姿勢を示した。 

 同氏は「もしすでに投資していなければ、これほど大胆な投資をしていたか疑わしい。途中まで投資したので進めざるを得ない」と述べた。

 ブラジルでは、複数の自動車メーカーが、上半期の販売低迷を受けて、新規投資の延期や生産ラインの一部停止を余儀なくされている。

 ルノーは、欧州の販売減少を補うため、ブラジルなど新興国への依存度を強めている。 

 今回の投資では4000万レアル(1950万ドル)を投じて、モーターの年間生産能力を50万台に引き上げる。昨年は、ルノー、日産自(7201.T: 株価, ニュース, レポート)の中南米製造車両向けに約33万6000台を納入した。

http://jp.reuters.com/article/foreignExchNews/idJPTK820859720120803