ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

デンソー、エンジンの電子制御部品をブラジルで生産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




デンソーがトヨタのエティオスに併せて電子制御部品をマナウスで生産開始。トヨタが本腰を入れるなら、周辺の会社も本腰を入れざるを得ないですよね…

—————————————————————————————————
■デンソー、エンジンの電子制御部品をブラジルで生産

【サンパウロ=中西豊紀】デンソーは10日、自動車エンジンの点火や吸排気を電子的に制御するユニット部品(ECU)を9月からブラジルで生産する方針を明らかにした。南米で自動車用ECUをつくるのはデンソーが初めてで、トヨタ自動車のブラジル工場に納入する。

 ブラジル北部のマナウスで生産を始める。すでに4億円を投じて関連設備を整えた。ECUは半導体を使ってエンジンの燃焼にかかわる動作を制御する装置。これまでは日本や米国でつくった製品をトヨタなどブラジルに工場を持つ取引先に納めていた。

 ただ、トヨタは新興国戦略の一環で海外調達の拡大を進めており、9月からブラジルで生産する小型車「エティオス」も現地調達比率を当初の65%から2015年には85%にまで高める方針。デンソーは二輪向けのECUをブラジルで生産してきた実績があり、トヨタの要望に応じるため四輪向けについても現地での生産を決めた。

 デンソーはトヨタへの納入を手始めに、14年にブラジルで新工場を立ち上げる日産自動車など他の日系メーカーとの取引拡大を目指す。ブラジルでの各社の現地調達の拡大をにらみ、南米事業の売上高を15年には現在の約2倍の14億ドルに増やす計画だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1102E_R10C12A8TJC000/