ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

「イパネマの娘」誕生50年 モデルの女性、今も活躍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




イパネマの娘が発表されてから50年なんですねー、知りませんでした。そして、その当時の「娘」も今となっては60代、と。でも思っていたより「最近」の事なんですね^^

—————————————————————————————————
■「イパネマの娘」誕生50年 モデルの女性、今も活躍

【リオデジャネイロ共同】ブラジル音楽、ボサノバの名曲「イパネマの娘」が発表されてから50年。モデルとなった女性はテレビなどで活躍を続けている。

 曲が発表されたのは1962年8月。リオデジャネイロ南部イパネマビーチ近くで、音楽家アントニオ・カルロス・ジョビン氏と作詞家で外交官のビニシウス・モラエス氏の前を10代後半の美しい少女が通り掛かったのがきっかけだ。

 2人は少女に見とれ「イパネマの太陽で黄金色の体の少女」「美しい娘は僕だけのものではない」などと嘆く曲を制作した。63年に英語版を発表すると瞬く間に世界に広まり、64年のグラミー賞を受賞した。

http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2012081401002020.html