ブラジルニュース アペルトジマオン|ブラジル経済・ビジネス・文化・生活・サッカー・音楽・旅行等、ブラジルニュースを収集・発信

五輪=地元でメダル増加目指すブラジル、多額の投資を予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




えっ…今から投資?ちょっと遅くないですか???^^; そんな4年弱でメダル争いに加われる程の育成を出来るものなんですかねー。もっと早い段階から長期的スパンでの投資が必要だったような気が…^^;

—————————————————————————————————
■五輪=地元でメダル増加目指すブラジル、多額の投資を予定

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] 2016年の五輪を開催するブラジルは、地元開催のリオデジャネイロ大会でメダルの獲得数を増やすため、選手の育成や施設の充実に多額の投資を行う予定であることを明らかにした。

ブラジルはロンドン大会では17個のメダルを獲得。前回の北京大会で記録した最多記録を2個上回った。しかし金メダルはわずか3個だったほか、競泳や陸上競技でふるわなかったことに対し、関係者は不満を示した。16年大会ではメダル増加を目指し、個人種目により重点を置くとしている。

ブラジル・オリンピック委員会(COB)は「メダル獲得数でトップテンに入ることが目標。そのためには、これまでにメダルを獲得してきた種目だけでなく、ほかの種目でもメダルを獲得することが必要」とコメント。

さらに「メダル獲得数でトップテン入りしている国には、少なくとも13種目でメダルを獲得しているという共通点がある。われわれはこれまでにメダルを獲得したことのない種目のうち、5─7種目でメダルを獲得しなければならない」と分析した。

ブラジルは目標達成を目指し、一流選手のサポート体制には今後4年間で7億ドル(約550億円)を投資する計画。これはロンドン大会への準備に投じた金額の3倍となる。また、中国、ドイツ、オーストラリアや英国といったスポーツ大国の選手の育成方法なども参考にするという。

http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE87D02620120814